2016年6月



植え替え作業の続き  6/21


6月21日の火曜日。11時からホームに設置している
プランターの植え替え作業を行いました。
数が多いもので、先日11日に行った作業の続きになります!


なんと!大船渡市PRキャラクター 『おおふなトン』が突然、花植えの作業場に訪れました! 驚きとともに嬉しさでいっぱいになりました!
スコップを持っていただき記念写真!貴重な1枚ですね♪ お手伝いありがとうございました!
おおふなトンは、 「東日本大震災で受けたダメージから立ち直る!」という 大船渡市内外の人達の願いが、大船渡市に咲いていた 椿の花に宿って生まれたっていう説が有力らしい。 ということで、出身地は大船渡市内のとある椿の木。 頭に咲いている大きな椿を褒められると喜びそうです。
鼻はブタに似ていますがブタではありません! これは、美味しいサンマの焼ける匂いを 遠くからでも嗅ぎ分けることができるのです。
お腹の模様はごく稀に大船渡港に 水揚げされる「黄金のサンマ」。 触った人には小さな幸せが訪れるそうな…。
尻尾は「Ofunato」「O」の形をしています。 特技は、キレキレのダンス! 大好物は大船渡の海産物とサンマらーめん!
おおふなトンとの出会いの後も、 植え替え作業は続きます!
使っていた土に新しい肥料を混ぜて、 広沢園芸から購入した「ベゴニア」「サルビア」 「マリーゴールド」「ヒャクニチソウ(ジニア)」など、 これからの季節のお花を植えていきます!
植え終えたプランターは1番線や2番線のホームへ運んで設置します。
三陸鉄道へ乗車されるお客様が、綺麗に咲いているお花を見て 少しでも喜んでいただけたらと思っております。
これからも、 『三鉄沿線花いっぱい運動』の一環として活動して参ります。



戻る







NPO法人夢ネット大船渡 三陸鉄道盛駅舎活用事業

岩手県大船渡市盛町字東町裏16番地





inserted by FC2 system