2016年10月



第39回 三鉄 駅からウォーク  10/15


10月15日の土曜日。
この日は『第39回 三鉄 駅からウォーク』を開催しました。
参加費は500円で保険料と往復乗車券代になります。
今回は11名が参加されました。ありがとうございました。

このイベントの目的は、沿線の史跡を巡って地元の魅力を再発見し、 歩いて体を動かすことでの健康増進、三陸鉄道の利用促進などです。
今年度は年間に開催する「駅からウォーク」で、 8回以上参加された方に完歩証の表彰を行い、贈呈品を差し上げます。 (年間完歩証チャレンジ実施中!)
今回は【甫嶺駅】から今出山金山跡を散策しました。 それでは、ウォーキングの様子をご紹介いたします。
盛駅を9時13分発の三陸鉄道へ乗車し、 目的地の甫嶺駅には9時35分に到着しました。
駅前で準備体操を行い、 9時50分に今出山金山跡を目指してウォーキング開始! この日は天気も良く、気温もちょうどよい日和となりました♪
紅葉はまだですが、里山の風景を見ながら、 仲間と色々な思い出話を交わしながら歩みを進めました。
途中で休憩をとりながら歩き続け、 10時50分には今出山金山跡の「精錬所跡」に到着! ここで記念写真を撮影しました!
昭和14年〜18年当時の全盛期は、 従業員が250人も働いていたことなど、 NPO法人夢ネット大船渡の岩城理事長が説明されました。
そして、かつて建物があっただろう跡地を散策。 石垣が今でもそのまま残り、全盛期の名残を堪能。
今出山金山「映画館跡」にも到着しました。
他にも金山跡地の様子を見て歩きました!
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
≪今出山金山≫ ★場所:三陸町越喜来字西上甫嶺(甫嶺川源流) ★今出山の標高:756.6m ★規模:気仙四大金山の一つ (三枚五両山、玉山金山、雪沢金山、坂本沢金山) 三枚五両山(今出山金山)は気仙地方最大規模 ★産出鉱物:自然金・自然銅・黄銅鉱・黄鉄鋼・亜鉛鉱など ★金採掘法:古くは「露天掘り」「土坑掘り」 慶長年間からは岩盤の「坑道掘り」
≪沿革≫ ★金山発見時代 不明 ★鎌倉時代 陸奥国が下総国葛西清重(初代)の所領、 葛西領の金山総元締・武将の横沢平兵衛が「三枚五両山」と命名 産金量:大判3枚(30両)と5両 計35両(525グラム) ★安土桃山時代 天正年間に葛西氏滅亡後、伊達政宗の所領 ★明治時代 初期に「今出山」と命名 鉱山・採鉱学により近代採鉱技術を導入 明治25年に及川市太郎、刈谷譲右衛門の両氏が共同経営 明治29年に三陸大津波で採鉱機械を流失(甫嶺港) 稼働中止 ★昭和時代 昭和14年〜18年に富栖金山株式会社が経営 従業員250人 今出山金山全盛期 搗鉱法・浮選法で採金 産金量:日産35s 黒森平で精錬所、事務所、大食堂、クラブ、宿舎、映画館などを設置 昭和18年「金山整備令」で一旦、閉鎖 昭和25年、東日本鉱業株式会社が再開、東洋産金株式会社が経営 「金アマルガム法」で製錬、月産256g 昭和31年、金山全面的に閉山
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
休憩後、今出山金山跡を11時30分に出発。 帰り道は伐採された木や石碑などを 観賞しながら甫嶺駅を目指しました。
秋らしくコスモスの花が咲いています♪
オレンジ色のの実が枝にぎっしり!
12時25分頃に甫嶺駅着。 列車の出発時間まで少し時間がありましたので、 「三鉄沿線を花で飾ろう」の看板を見ては、 1週間前に「菜の花の種」を蒔いたという畑を見て、 来春の花の時期を楽しみに、12時35分発の三鉄に乗車。
歩くことで感じる自然の動植物や季節の移り変わり、 石碑や神社・お寺、その土地の史跡など様々な発見があります! 体を動かして健康を目指しながら楽しくウォ―キングしています♪
盛駅には12時58分に到着しました。 これにて『第39回 三鉄 駅からウォーク』は終了となりました。 ご参加ありがとうございました。
次回の開催をご案内します。
『第40回 三鉄 駅からウォーク』 <日程> 11月19日(土) <集合> 8時30分に三陸鉄道盛駅 <時間> 9時13分盛駅発〜三陸駅〜12時58分盛駅着 <参加費> 600円(保険料・往復乗車券代) <持ち物> 軽食・飲み物 <申込締切> 11/16(水) ※事前のお申込みが必要 <内容> 【三陸駅】三陸大王杉・ど根性ポプラ・潮目を散策(約5km) 沿線の史跡巡り!地元の魅力再発見!健康増進! ≪津浪資料館 潮目≫ 駅から徒歩3分。津浪襲来時の様子を 時間経過と共に写した貴重な写真を展示。 建物の横には越喜来小学校にあった 非常階段も展示。校舎の2階から逃げる為に 設置された階段で、東日本大震災は この階段を使って全校生徒と先生方が避難し、 無事に難を逃れました。 ≪ど根性ポプラ≫ 駅から徒歩3分。東日本大震災の大津波に 耐えて生き残っている樹齢約80年のポプラの木。
<主催・申込先・問合せ先> 三陸鉄道 盛駅 電話番号:0192−47−3542



戻る







NPO法人夢ネット大船渡 三陸鉄道盛駅舎活用事業

岩手県大船渡市盛町字東町裏16番地





inserted by FC2 system